航空機

航空機

先進的なコンポーネント設計や製造方法の進化によって回収炭素繊維の航空機部門における使用が進むと思います。

既に70年代、80年代においてバージン炭素繊維の航空機での量産コンポジット成形での使用は一般化して大量の炭素繊維が使われています。

回収炭素繊維はまだ航空機では使用されていませんがCARBISO™ラインナップよりシートやラゲージストレージ、開閉口やフリップ、フェアリングにおいての循環利用ができるかもしれません。

グラスファイバーの射出成形材料についてはミルドファイバーまたはチョップドファイバーの回収炭素繊維射出材料に置き換える事により軽量化が達成できます。

正しい設計によってCARBISO™MおよびCARBISO™TMを使ってバージン炭素繊維を使っている部品の置き換えが可能です。またグラスファイバーおよび短繊維のSMCの置き換えが可能な事は言うまでもありません。