鉄道

鉄道

鉄道部門軽量化においても回収炭素繊維に大きな可能性があります。

鉄道産業は経済性のある軽量化素材とデザインのフレキシビリティや設置時間の短縮、メインテナンスの簡便化が求められており、コンポジット素材が選択肢に入ると思われます。

グラスファイバーは既に内外装で使われていたもののバージン炭素繊維はコストが高い為に使われているパーツは非常に限定的でした。

全てのオペレーターが最善の経済性のある、既存インフラを重量による摩耗ダメージの少ない軽量化素材を探していた中でCarbisoラインナップはパーフェクトな素材ではないでしょうか?

ELGカーボンファイバーのCarbiso不織布、100パーセント炭素繊維もしくは熱可塑性樹脂混紡不織布は板系のパネルやフロア、壁材、複雑形状の外装や内装材に使う事ができます。